2009年05月12日

グルコサミンとコラーゲンの働き

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】に配合されている
二つの成分ついては、既にご存知のことだと思いますが、
一応、おさらい程度に紹介しておきます。

詳しい働きなどを知っておくことで、どんなものを
飲んで、どんな効果があるのか分かってくると思います。

まず、グルコサミンについて紹介します。

グルコサミンは、皮膚やツメ、軟骨などを構成する
成分で、おもに細胞どうしを結合する部分で、保護や
新陳代謝を高めるなど働きがあります。

また、グルコサミンは、かにやえびといった甲殻類
から摂取でき、年齢と共に失っていくタイプの成分です。

かにやえびなど日頃からよく食べる食物から摂取する
ことが難しく、このため不足がちな栄養素だといえます。

そのため、グルコサミンが不足すると、例えば関節と
関節をつなぐ軟骨が磨り減って、関節炎などを引き
起こすことも考えられます。

続いて、コラーゲンです。

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、アミノ酸が結合して
できたものです。

よく美容品では、コラーゲンが配合していることを
謳ったものが多いですが、これは老化に関係している
からだそうです。

もともと、コラーゲンは細胞を形作るときに、橋渡し
となったり、支えたりする役割があります。

それこそ、体の細胞は数え切れないほどありますから、
コラーゲンも相当量存在します。
なんと、全体重の6パーセントにもなるといわれています。

→グルコサミン&コラーゲンセットの購入はこちらから!
posted by danchan197 at 19:27| 日記